夫婦関係

【夫婦のチーム運営】①夫婦の目標を設定しよう!

前回の記事で、『THE TEAM 5つの法則』というビジネス書に書かれている「チームがうまくいく法則」を育児中の夫婦関係にも取り入れてみよう!と決意しました。

「チームがうまくいく法則」で育児中も夫婦円満を目指す!子育てが始まってから、夫婦仲が険悪になってしまったという人は多いのではないでしょうか。私達夫婦も子供が生まれてから、夫婦関係の悪化に悩ん...
そこでさっそく、本の手順に従って実践してみました!

ここではまず、第1章に書かれている「目標の設定」について、夫婦で実践してみたことを紹介していきます。

前回の記事をおさらいしながら、本を読んでいなくてもわかるように内容の説明も入れていくので、おもしろそう!と思ったらぜひご夫婦でやってみてください。

「チーム」には「共通の目的」が必要

まずは、そもそも「チーム」って何?というところからおさらいしていきましょう。

前回の記事でも軽く触れましたが、『THE TEAM 5つの法則』では、「共通の目的を持った2人以上のメンバーがいる集団」のことを「チーム」と呼んでいます。

 

例えば同じ子供たちの集団でも、休み時間にそれぞれが好きなことをして遊んでいる場面掃除の時間にそれぞれ担当の場所を掃除している場面では、一人ひとりの意識は違いますよね。

掃除の時間では、役割分担したり協力し合ったりして、一人ひとりが時間内に掃除を終わらせるために考えて行動します。

 

この場合、子供たちは「時間内に担当の場所をきれいにする」という共通の目的を持った「チーム」になり、目的に対してそれぞれのメンバーが考え、行動することで「チームプレイ」が生まれます。

かこい
かこい
「共通の目的」があってこそチームとして力を発揮できるんだね

どんな「目標」を立てればいいの?

このように、力を発揮できる「チーム」になるには「共通の目的」が必要です。

 

また、何を目的・目標にするかによってチームのメンバーの考え方や行動が変わってくるので、「チームが目指す目標を自分たちでしっかり決めておく」のはとても重要です。

かこい
かこい
とは言っても、どんな目標を立てればいいのかわからない・・・

 

本には、目標の設定の仕方についてこのように書いてあります。

その際に大切なことは、きちんとチーム活動の意義が設定されていることです。

自分たちのチームは何のために存在するのか。数字や作業を積み上げた先に何を実現したいのか

THE TEAM 5つの法則 [ 麻野耕司 ]より引用

 

前回の記事では夫婦の共通の目的を「子供を育て上げる!」と設定しました。

これは、チームが「何のために」存在するのかには当てはまりますが、「何を実現したいのか」に関してはちょっと曖昧過ぎますね。

そこで、もっと具体的に「何を実現したいのか」=「子供たちをどのような大人に育てたいのか」を話し合ってみました。

「子育て夫婦」のチームとしての目標を考えてみた

「子供たちをどのような大人に育てたいのか」は夫婦によって違いますよね。

 

それどころか、話し合ってみると父親と母親でも意見はそれぞれでした。

「チームとして目指す目標」にするならお互いに納得感のあるものじゃないといけないので、話し合いの中で夫婦に共通する考えを絞り込んでいき・・・。

 

その結果、我が家ではこんな目標設定になりました。

「ありがとう」「ごめんなさい」がきちんとできる大人
主体性を持って決断できる大人

 

結局、親である自分たちが大切にしていることに落ち着きました。

夫婦と言っても別々の人間なので、同じ状況でも子供たちへの対応がそれぞれ違ってしまうこともありますよね。それはそれでいいことだと思いますが、「なんでそんな対応したの!」と不満に思ってしまうことも。

でもこのように夫婦が2人とも「これは大事にしたい!」と思える目標を決めておけば、そのことに関わる対応については統一できそうです。

 

これから、子供たちをこんな大人に育てる!という目標を意識したうえで、やるべきこと、やるべきでないことを考えながら、日々子供たちに向き合っていこうと思います。

今まで、意外と夫婦で「子供たちをどのような大人に育てたいのか」をちゃんと話し合ったことがなかったので、いい機会にもなりました。

かこい
かこい
お互いの考え方の発見にもなったので、ぜひ皆さんも一度話し合ってみてください